読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビフィズス菌で痩せるスマートな方法

忙しくてなかなか痩せれない方に、すぐに実践できるダイエットを紹介します。

ファーミキューテスを減らす、ある2つの成分とは

ファーミキューテス 減らす

ファーミキューテスという言葉は、あまり聞き慣れないと思います。

 

 

実は、このファーミキューテス。

 

 

減らす、増やすといったことが体内で起こることで、

体への影響があります。

 

 

例を挙げると、ファーミキューテスの増減は肥満の原因になります。

 

 

腸内細菌には、大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類あります。

 

                                 f:id:Mdtm:20170311183925p:plain

ファーミキューテスは、日和見菌に分類される腸内細菌の一つで、
特定の細菌の名前を表すものではなく、何千という種類の細菌を大きく分類したときの呼び名を指します。

 

また、日和見菌は、体に良い働きをする善玉菌でも、体に悪い働きをする悪玉菌でもない腸内細菌のことで、

 

特徴として、

 

善玉菌が優位のときは善玉菌の味方を、

             悪玉菌が優位のときは悪玉菌の味方する

 

という点があります。

 

本来ファーミキューテスに含まれる腸内細菌は、食べ物を分解して体中に届けやすいように、栄養やエネルギーを分解する役割があります。

 

 

ただ、ファーミキューテス、必要以上に増えると腸内環境を悪化させて、肥満の原因になり得るのです。

 

 

肥満で悩まれているという人は、もしかしたらこのファーミキューテスが腸内に多い可能性があります。

 

 

出来るものなら、ファーミキューテスを減らして肥満解消に繋げたいですよね。

 

 

なのでここでは、肥満解消のために腸内からファーミキューテスを減らす方法について紹介します。

 

 

◇ファーミキューテスを減らす方法とその必要性

 

ファーミキューテスを減らす方法は、

ズバリ「腸内に善玉菌を増やすこと」です。

 

 

善玉菌は、主に「ビフィズス菌」と「乳酸菌」が挙げられます。

 

 

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は腸内で「短鎖脂肪酸」という成分を生み出します。

 

この「短鎖脂肪酸」は、脂肪細胞の吸収を活性化させることで、余分な脂肪の蓄積や代謝の低下を防ぐ効果があります。

 


その結果、太りにくい痩せた体となり、肥満解消に繋がっていくのです。

 

 

だから、ファーミキューテスを減らすためには、善玉菌を腸内に増やす必要があるのです。

 

 

なぜ善玉菌を増やす必要があるのかというと、それは腸内での善玉菌の割合を多くするためです。

 

 

腸内における細菌の割合は、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割が理想的と言われています。

 

    f:id:Mdtm:20170311185742p:plain

 

 

なので、日和見菌を善玉菌の味方にする腸内環境にしていくことで、腸内における善玉菌の割合を増やし結果的に、ファーミキューテスを減らすことに繋がっていくのです。

 

 

肥満解消のためにファーミキューテスを減らすには、善玉菌を増やす必要があるとしましたが、その善玉菌であるビフィズス菌と乳酸菌を増やすために、最適な腸内環境を整える必要もあります。

 

 

そのために次は、善玉菌を腸内に増やすための方法について紹介します。

 


◇腸内に善玉菌を増やす方法

 

 

善玉菌を腸内に増やす方法…それは、栄養分となるものを

多く取ることです。善玉菌を増やす栄養分は下記の2つになります。

 

 

 水溶性食物繊維

 

 オリゴ糖

 

 

この水溶性食物繊維オリゴ糖をより多く、摂取することで腸内に善玉菌を増やすきっかけを与えます。

 

水溶性食物繊維オリゴ糖が多く含まれている食材は以下のものです。

 

 

 ◆水溶性食物繊維

 アボカド、オクラ、きのこ類、海藻類、

 こんにゃく、やまいも、ごぼう、納豆…など

 

 オリゴ糖

 バナナ、大豆、タマネギ、アスパラガス、サトウキビ、キャベツ
 蜂蜜、ジャガイモ、ブドウ、きなこ、にんにく、トウモロコシ…など

 

 

これらの食材を食事のときに一緒に摂取できれば良いのですが、日頃から忙しくて食事まで気を配れなかったり、色々なところからの誘惑や誘いなども少なくないと思います。

 

 

また、食べ物の好き嫌いもあるでしょうし、もっと言えば紹介した食べ物から得られる水溶性食物繊維オリゴ糖の量は僅かなので、ずっと摂取し続けることも大変なことでしょう

 

 

私も腸内にビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やして、ファーミキューテスの割合を減らすことが肥満解消に繋がると知ってからは、水溶性食物繊維オリゴ糖を多く含んだ食品を食べたりして腸内環境の改善を試みてみました。

 

 

が、上手くいきませんでした…。

 

 

でも、ここで止めてしまってはファーミキューテスは減らせませんし、

肥満解消はできませんよね。

 

 

そこで、もっと手間要らずで、より多くのビフィズス菌や乳酸菌を摂取できる方法はないかと探したところ見つけることができました!

 

 

 

この方法なら手間や労力もなく、ビフィズス菌や乳酸菌をたくさん摂取

できるはずです。

 

 

その手間要らずの方法とはこちら↓

 

            プレミアムスリムビオ

 

 

初めは、半信半疑でサプリメントに手を出してみましたが、実際に使ってみると思った以上に効果が表れたので、私自身でも驚きました。

 

 

そこで、この「プレミアムスリムビオ」ついて、私と同じように悩んでいた人にも紹介したいと思います。

 


◇ファーミキューテスを減らす

 後押しをするサプリメントとは?

 

紹介したプレミアムスリムビオは、ファーミキューテスを減らすために最初に紹介したビフィズス菌や乳酸菌を含め心強い成分が多く含まれています。

 

 

ビフィズス菌と乳酸菌以外の主な成分を挙げていくと、

 

 

スマート乳酸菌+茶カテキン

 

植物由来のスマート乳酸菌は、過酷な環境でも耐性が強みで、茶カテキンを取り込みやすい形にしてくれるという特徴があります。

 

ダイエットや健康に効果のある茶カテキンの有効成分であるECGgという成分を体内に吸収する力を高めことで、ビフィズス菌や乳酸菌がより増えるように腸内環境を整える効果があります。

 

ラクトフェリン

 

ラクトフェリンは腸内で活動すると、胆汁酸の分泌が活性化され悪玉菌に対して働きかけることで、ビフィズス菌や乳酸菌の善玉菌を増殖しやすい環境にします。

 

また、女性に対してはダイエット効果だけでなく、美容にも効果があるので嬉しいですよね。

 

納豆菌

 

納豆でおなじみの納豆菌ですが、乳酸菌と共生させることで納豆菌が生み出す代謝物によって乳酸菌の増殖を促す効果があります。

 

このように腸内からファーミキューテスを減らして、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やすための成分が多く含まれているのでとても使いやすく、期待できる効果も大きいサプリメントだと言えます。

 

ファーミキューテスを減らして肥満解消をしたくても、なかなか上手くいかないまたは、時間が取れず実践するのが難しいという人は多いでしょう。

 

そのような事情の人でも、手間や労力を掛けずにファーミキューテスを減らすことが出来るのが、

 

                  この「プレミアムスリムビオ」です。

 

          ↓ ↓ ↓