読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビフィズス菌で痩せるスマートな方法

忙しくてなかなか痩せれない方に、すぐに実践できるダイエットを紹介します。

ビフィズス菌で痩せるときに必要な2つの成分と摂り入れ方

ビフィズス菌 痩せる

ビフィズス菌と言えば、ヨーグルトに含まれる比較的ポピュラーな細菌ですが、痩せるときに大きな力を発揮します。

 

 

ビフィズス菌を使って痩せる方法は、これから痩せたい!と思っている人だけでなく、今まで上手く痩せることが出来なかったり、痩せるのを諦めてしまったという人にも使える方法なので、詳しく紹介していきますね。

 

 

ビフィズス菌で痩せる方法とその理由

 

先に結論から言うと、ビフィズス菌で痩せる方法は腸内に

ビフィズス菌を増やすことです。

 

 

もっと正確に言うと、ビフィズス菌を増やせるような腸内環境にして、
痩せれるようにするのです。

 

 

なぜ、腸内にビフィズス菌を増やすことが痩せることに繋がるか、

 

 

その理由はビフィズス菌の働きにあります。

 

 

人間の腸内細菌は、「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見」の3つの菌に分類され、ビフィズス菌は「善玉菌」に含まれます。

           

   f:id:Mdtm:20170325200809p:plain

 

この「善玉菌」は、人間の腸内でとても重要な働きをします。

 

 

 ◆善玉菌の主な働き

 

 ・体の免疫力向上

 

 ・ビタミンの合成

 

 ・便通の改善

 

 ・消化吸収促進

 

 


このように善玉菌は、腸内で体の健康維持をするための働きがあります。

ちなみにビフィズス菌は、代表的な善玉菌になります。

 

 


ビフィズス菌の他には、乳製品や発酵食品に多く含まれる乳酸菌も善玉菌に含まれて、善玉菌は発見されている数だけで、500種類が腸内に存在しています。

 

 

ビフィズス菌を含む善玉菌は、腸内で活動する過程で「短鎖脂肪酸」という成分を生み出します。

 

 

この「短鎖脂肪酸」は腸内で「脂肪細胞に働きかけ脂肪の肥大を止めるため、肥満を防ぐことができる」という効果があり、この働きによって痩せた体にしていくことが出来るのです。

 

 

つまり、

 

 

ビフィズス菌を含む善玉菌が生み出す

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「短鎖脂肪酸」が、痩せるための鍵
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

ということです。

 

 

 

◇痩せるためにビフィズス菌を腸内に増やす方法

 

ビフィズス菌を腸内に増やす方法は至ってシンプルで、ビフィズス菌の好物である「栄養分」を多く摂取することです。

 

 

その栄養分は、「水溶性食物繊維」と「オリゴ糖」の2つがあります。

 

 

なので、この2つの栄養分を含んだ食べ物をより多く摂取することが、
とても重要と言えるでしょう。

 

 

水溶性食物繊維オリゴ糖が共に多い食べ物として、

下記の食べ物があります。

 


・野菜

  (玉ねぎ、エシャロット、にんにく、ごぼう、てん菜)

 

・果物

  (アボカド)

 

・きのこ

  (白きくらげ、なめこ)

 

穀物

  (大麦、ライ麦、小麦)

 

・豆類

  (大豆、納豆、インゲン豆)

 


例に挙げた食べ物を出来るだけ多く食べれる習慣を続けることが一番良いですが、普段から忙しい生活を送っている人や、食べ物の好き嫌いがある人も多いはずです。

(ちなみに私は、きのこ類とエシャロット、にんにくがダメです)

 

 

また、人からのお誘いによる飲み会や誘惑も多いでしょう。

 

 

さらに、食べ物に含まれる水溶性食物繊維オリゴ糖は入っている量自体が少ないので、痩せるまでの十分な量を食べ物から摂取するのはとても大変です。

 

 

十分な量を食べ物から摂ろうとすると、長期にわたる摂取が必要な上、

効果が出るのも運動で痩せるよりも長い時間がかかってしまいます。

 

 

忍耐強い人は続けられるかもしれませんが、これでは途中で心が折れてしまって諦めてしまうという人もいるでしょう。実際私もそうでした。

 

 

しかし、ここで諦めてしまっては痩せることは出来ないので、他の方法を模索したところ、良い方法を見つけました!

 

 

しかも手軽にすぐ出来る方法なのでとっても便利でした。

 

 

  私が使ってみて効果が

  大きかった方法はコチラです↓

 

        【プレミアムスリムビオ】

 

 

最初は騙されたつもりでサプリメントを使い始めましたが、
想像以上に効き目がありました。

 

 

この「プレミアムスリムビオ」は、痩せるためにとても心強いな
と感じたので、皆さんにもその魅力を伝えますね。

 


ビフィズス菌以外も痩せる成分が
 豊富なサプリメントの秘密

 

 

プレミアムスリムビオは、ビフィズス菌で痩せるために腸内環境を変える成分が豊富に含まれています。

 

 

ビフィズス菌はもちろん、それ以外にも痩せるために効果的な成分が多く含まれているので、とても魅力的なサプリメントです。

 

 

ビフィズス菌以外の成分を挙げると、

 

・EC-12

 

EC-12は乳酸菌の1つで、人間由来の乳酸菌です。EC-12の特徴として、死菌体と呼ばれる死んだ菌で死菌処理をすることで胃酸や胆汁の影響を受けずに腸まで届き、腸内環境を整えるために働きます。

 

通常乳酸菌を大量に摂取しても、胃酸や胆汁によってその多くは死滅してしまい、腸まで届きませんがEC-12は摂取した分がそのまま腸まで届くので、腸内環境を整えるためにはとても効果的な成分と言えます。

 

・スマート乳酸菌 +  茶カテキン

 

スマート乳酸菌もEC-12と同じく乳酸菌の1つですが、こちらは漬物から分離した植物由来の乳酸菌となります。

 

スマート乳酸菌の特徴として、胃酸に強く乳酸菌が生きたまま腸に届きやすい乳酸菌とされ、腸内で善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果が高い乳酸菌となります。

 

また、大きな特徴として、通常は体に吸収されにくい茶カテキンなどのポリフェノールの吸収力を上げる効果があり、その結果、脂肪を減少させる効果が高まります。

 

高いダイエット効果が得られるスマート乳酸菌と茶カテキンを含んでいるのはとても心強い存在と言えるでしょう。

 

ラクトフェリン

 

ラクトフェリンは通常母乳に含まれるたんぱく質ですが、免疫効果があり、様々な病気から守る働きがあります。

 

腸内でラクトフェリンは、胆汁酸の分泌が活性化させることで、腸内にいる悪玉菌に働きかけることで善玉菌の増やす後押しをします。

 

なのでラクトフェリンは、腸内環境を変えるための重要な成分と言えます。

 

・納豆菌

 

納豆で有名な納豆菌ですが、腸内環境を整えるときにも力を発揮します。

 

特徴として、ビフィズス菌や乳酸菌以上に強く長生きする菌で、胃酸では死滅することはなく、長時間に渡って腸内で乳酸菌をサポートします。

 

具体的には、納豆菌から生み出される成分が乳酸菌の増殖を促し、悪玉菌を減らす効果があります。

 

 

この他にも、冒頭で紹介したビフィズス菌を増やす栄養分である水溶性食物繊維オリゴ糖もプレミアムスリムビオに含まれているので、より魅力的なサプリメントと言えます。

 

 

このように、プレミアムスリムビオには痩せるために、
腸内環境を整えための成分が多く含まれているのがお分かりだと思います。

 

 

痩せるために食事を変えて腸内環境を整える、という方法も使えますが実際はなかなか上手くいかず途中で挫折してしまうということが多いです。

(私がそうだったので自信を持って言えます←)

 

 

ビフィズス菌で痩せるための鍵は脂肪細胞に働きかけ、

肥満を防ぐ短鎖脂肪酸を生み出すことにあります。

 

そして腸内環境を整え、ビフィズス菌を増やすことが
労力や手間をかけることなくできるもの。

 

   それがこちら↓

 

   【プレミアムスリムビオ】

 

 

 

ビフィズス菌で痩せる方法を実践するなら
ぜひ試してみてください。